脂質系用語説明(定期更新)

コレステロール
スポンサーリンク

ここでは、脂質系の用語説明をしています。
定期的に改善・変更などをします。

 

脂質

脂質とは炭水化物・たんぱく質とならぶ三大栄養素の一つです。
基本的に水に不溶(溶けない)の物質で、食用油などの『油』とバターやマーガリンなどの『脂』に分けられます。

また、脂質はコレステロール中性脂肪に分けられ、それらは身体の中で全うする役割が違います。

コレステロール

コレステロールは細胞膜の一部を形成したり、ステロイドホルモンなどのホルモンの材料となります。
コレステロールというと、巷ではよくないイメージを持たれがちですが、身体を構築したり機能をメンテナンスしたりと重要な役割を担っています。

HDLコレステロール と LDLコレステロール

コレステロールにはHDLコレステロール(善玉)とLDLコレステロール(悪玉)に分けられます。

HDLは血管内の余分なコレステロールを回収し、カイロミクロンが肝臓などの各機関へ脂質を運ぶ手伝いをします。
それに対してLDLはそれが多すぎると、余分なコレステロールを壁内へ溜め込んでしまう働きをもっています。
これが血管を詰まら得たり、動脈硬化を促進させたりする原因の一つとなっています。

脂質異常症

脂質異常症とは、血中のLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎたり、HDLコレステロールが少なすぎたりするバランスを欠いた状態のことを言います。

LDLコレステロールは、脂質を肝臓などの各組織から血液中を移動して抹消組織い運ぶ働きを持っていますが、LDLが多すぎると、血管外へ脂質を運び出すHDLの処理能力を超え、血管内に脂質が溜まっていくことになります。
これが結果として血管を詰まらせたり、動脈硬化を引き起こします。

家族性高コレステロール血症(FH)

脂質異常症の遺伝的に子から子へ引き継がれてしまう遺伝疾患、
それが『家族性高コレステロール血症』、通称『FH』です。

当ブログのメインテーマでもあります。

『FH』は数ある代謝系の遺伝子疾患のなかでも、患者数が最も多いと言われ、日本では250000人以上の患者がいるといわれています。

しかし、残念なことに、『FH』は社会的な認知度が低く、自分がそうだと気づいている人はほとんどいません。
また、軽度な疾患に見られがちなので検査時に油分の取り過ぎだとしてスルーされてしまうケースも多くあります。

詳しくは下記記事を参照ください。

私を悩ます『家族性高コレステロール血症』

日本動脈硬化学会

カイロミクロン

脂質異常症において、なぜ、LDLコレステロールが多くなるのでしょう?
それはコレステロールを運ぶ細胞であるカイロミクロンが関係しています。

カイロミクロンは食べたものから体内に入る外的性の脂質を肝臓や心臓骨格筋などに運ぶ働きを持っています。コレステロールなどの脂質と独自の孔に吸着し血中を流れて移動します。

『家族性高コレステロール血症』の多くは、そのコレステロールなどを吸着する孔が小さく、十分な量のコレステロールを外へ運ぶことができません。
その結果LDLコレステロールが血管内へ溜め込む量が多くなってしまいます。

コメント