1日1個? たまごの摂取量について

コレステロール
スポンサーリンク

たまごは1日、1個まで! by少し前の人たち

えっ? 別に何個でもいいよ! by日本養鶏協会

これが最近、巷で当たり前となっている「たまご」についての見解ではないでしょうか?

しかし、

2015年、厚生労働省から「食事摂取基準からコレステロールの摂取基準値がなくなる」ということが発表されました。

なぜコレステロールの摂取基準値がなくなったのか?

今回は、その摂取基準値がなくなった理由と、その結果、たまごは何個食べて良いのか?
さらには、「家族性高コレステロール血症」の方はどう向き合うべきなのかを語りたいと思います。

 

コレステロールの摂取基準とたまごの関係性

コレステロールの摂取基準値がなくなった理由

なぜコレステロールの摂取基準値がなくなったのか?

 

それは、食事をすることによって、体内のコレステロールが劇的に変化することはないという結果が得られたからでした。

 

体内のコレステロールの8割以上は体内で生成されています。

 

そのため、食事などの外的要因から体内に追加されるコレステロールは少なく、仮に「たまご」など一般的にコレステロールが高いとされる食品を多少多く摂取しても、肝臓が自動的にコレステロールの生成量を調整してくれるので、問題はないということです。

 

さらに追加の情報として、「日本養鶏協会」が発表した資料によると、

たまごを2個以上摂取したことと、動脈硬化の悪化との関連性は認められない他、心筋梗塞や冠動脈疾患など循環器系の疾患との関連性も認められないことが記されています。

このようなことから厚生労働省はコレステロールを食事摂取基準からはずしました。

 

【家族性高コレステロール血症】の方は注意!! やはり「たまご」は減らしましょう!

コレステロールは食事摂取基準からはずされました。

しかし、これは「家族性高コレステロール血症(FH)」の人たちは注意が必要です。

なぜなら、「家族性高コレステロール血症」はコレステロールを調整する機能に疾患があり、外的要因から摂取したわずかなコレステロールにも影響をうけるという状態だからです。

 

LDLは血管などのカラダの各組織にコレステロールを運びます。

HDLは余分なコレステロールを肝臓に戻す働きをしています。

その双方のバランスにより、ヒトのカラダは一定のコレステロール量を保っています。

しかし、「家族性高コレステロール血症」などの脂質異常症の方は、この「LDL」や「HDL」の働きに疾患がある場合がほとんどです。

 

私の場合、

遺伝疾患により、LDLコレステロールを運ぶためのカイロミクロンというタンパク質粒子に異常があります。

カイロミクロンはLDLを吸着してコレステロールを運搬するのですが、私の場合その吸着孔の大きさが小さく、十分な量のコレステロールを運べません。

通常ならば多すぎるコレステロールは血管内から運び出されるのですが、その吸着する絶対量が少ないため、結果として、摂取しすぎたコレステロールすらも処理速度がおいつかずに血管内へ溜まっていくということです。

 

よって、一般的には、「たまごは1日2個以上OK!」となりましたが、私たち「家族性高コレステロール血症」の患者は今まで通り1個、もしくは2日に1個が望ましいと考えられます。

 

【家族性高コレステロール血症】をはじめ、脂質異常症の方へ

「家族性高コレステロール血症」の患者は日本全国で250000人いると言われています。

あなたのコレステロール値は大丈夫でしょうか?

少しでも平均より高い値をお持ちでしたら、一度精密検査をオススメします。

ある日突然、血管が詰まって死ぬなんてことはバカらしいです。

少しでも長く生きて、大切な人のそばにいられるように、自分を知ってはいかがでしょうか。

コメント