同じようで、実は違う! 【脂質】と【コレステロール】の違い

コレステロール
スポンサーリンク

【脂質】と【コレステロール】の違い。

みなさんはご存知でしょうか?

 

ん~?油とか脂肪の親戚?

 

なんとなくは知ってるけど、詳しくはしらない。

 

そんな方のために脂質とコレステロールの違いについて少し踏み込んで解説したいと思います。

 

【脂質】と【コレステロール】の区別

まずはじめに、【脂質】と【コレステロール】の大まかな区分について説明していきましょう。

脂質

【脂質】は炭水化物、タンパク質と並ぶ三大栄養素の一つで、1gあたり9kcalのエネルギーへと変換される高いエネルギー効率を持つ栄養素です。

 

コレステロール

脂質の一種で、血管の細胞膜やホルモンの材料になる物質です。

コレステロールは主に動物性の食事(肉、魚、卵)に含まれており、中性脂肪とともに摂取しすぎると身体の血管などに異常をきたす【脂質異常症】の原因ともなります。

これに対して植物性の脂質にはコレステロールは含まれず、成分の多くが中性脂肪になります

コレステロール

コレステロールは、血管の細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料になるなど体の構成にはかかせない栄養素です。コレステロールは食事で摂取するほか肝臓でも生成されます。
それらは、LDLコレステロールによって身体の各組織に運ばれますが、LDLコレステロールが多すぎるとより多く血管内へコレステロールが溜まることになり、動脈硬化を促進させてしまいます。
しかし、人間の体は良くできているもので、血管内へ溜め込むLDLの働きを中和するように、HDLコレステロールというものがあります。
このHDLコレステロールはLDLコレステロールが血管内へ運んできた余分なコレステロールを血管内から運び出す働きをしています。
この二つのコレステロールの働きによって、人の体は脂質のバランスを保っているわけです。

中性脂肪

中性脂肪は脂質の大部分を占める栄養素です。
一部はコレステロールと同じように細胞構成に使用されますが、ほとんどが日々のエネルギー源として使用されます。
しかし、過剰摂取分は肥満や脂肪肝を引き起こす原因となり、動脈硬化を促進させるので注意が必要です。

以上、脂質とコレステロールの違い、また脂質の内訳について簡易的に説明してみました。

脂質という大きな枠組みは私たちが日々の暮らしをしていく中で必ず摂取しなければならないものですが、取り過ぎるとすぐに動脈硬化を促進させ、大切な体を悪い方向へと転ばせてしまいます。

特にコレステロールは動物性の食品か植物性の食品かで含有量が大きく変わってしまうものなので、栄養成分表示の脂質の量だけでなく、その食品が動物性なのか植物性なのか見極めることが大切かと思います。

コメント