小さいけれど、資産をつくることに成功! 初めの一歩が作り出す資産形成への路!

雑記
スポンサーリンク

こんにちは。

脂質系ブロガーの Hidekichi. です。

みなさん、資産はお持ちですか?

僕は、絵やイラスト描くことが好きなので、それを資産形成の一つに充てられたらいいなと思い、
日々、創作活動も行っています。

今回は、資産形成について軽く書いてみました。

 

小さいけれど、これも資産です。

2014年頃、自分のオリジナルスタンプを販売できる【LINE Creators Market】という販売サービスが始まり、僕も少しだけ遅れてその波に乗っかりました。

その結果、4年間でいくら稼げたかというと、以下の通りです。

 

 

 

合計、¥37439!!

これを大きく見るか、小さく見るかは人によるかもしれないですが、
僕は大きく見ています。

スタンプ自体は2015年9月を最後にまったく作っていないので、
2015年10月~2018年7月(当記事執筆時)のほぼ三年間は、完全に不労で稼いでくれています。

これからも【LINE Creators Market】が閉鎖されない限りは月に¥100~¥500単位で増えていくと思われます。

【労働時間=収入】からの脱出! 資産形成を初めてみよう!

まぁ、金額の大きい小さいに関係なく、
このような不労で稼ぎ続けてくれるシステムの構築はかなり重要であると考えます。

基本的な社会のシステムは、労働時間=稼ぎです。

時間をかければかけるだけ収入は増えていきますが、必ず1日=24時間の壁にぶち当たります。
人は睡眠時間も必要なので、起きている時間だけ換算すると1日=18時間が限界でしょう。

この労働時間=収入というシステムは一見わかりやすく、一番頭を使わず簡単なシステムですが、
必ず上限があります。

労働時間=18時間以内という壁です。

これでは、多く稼ぎたいと考えても、時間ばかりを浪費するだけで労働時間という壁のせいで収入を大きく超えることはできません。

僕は、その壁を越える方法が不労所得システムの確立だと考えます。

上で、【LINE Creators Market】の話を出しましたが、このようなスタンプにしろ、文章にしろイラストにしろ、アプリにしろ、自分の資産を創ることが出来る人は、この労働時間=収入という枠組みから脱出できます。

僕も、小さくではありますが、スタンプという資産を創り出すことで、不労所得を得るという経験を積みました。
今はブログを伸ばすことを中心に活動していますが、同時にイラストの制作を行っています。

現代社会は、ネット環境やSNSの時代で、誰もがクリエイターとして発信できる時代です。
出版社への持ち込みや、新人賞の受賞、有名な展覧会への参加は必要ありません。

労働時間=収入という画一的な会社員という絶対的な選択肢が揺らぎ、各社が「副業解禁」を掲げている今、あなたも一歩を踏み出し、好きなことで資産形成をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

はじめはヘタクソ。でも、それが当たり前。

初めは思うように成果があがらないかもしれませんが、それは初めてのことならば当たり前です。

初めて水泳で泳げないように、
初めての仕事でミスするように
はじめての運転がヘタクソであるように、

初めは、全く稼げないでしょう。

しかし、続けていれば成果はおのずとついてきて、ヘタクソなりにも形にはなります。

まずは続けることが大切です。

そのあと、小さな成果が出たら、フルに頭を使って、それを伸ばしていきましょう!!

 

コメント