脂肪酸の種類と効果

コレステロール
スポンサーリンク

食品の脂質を構成する成分の一つに【脂肪酸】と呼ばれるものがあります。

なんと、この脂肪酸、食品中の脂肪の9割以上も占めているのです。

脂肪酸は化学的な結合の状態から、二重結合の状態によって、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

二重結合を持たない脂肪酸を飽和脂肪酸、二重結合が一つのものを一価不飽和脂肪酸、二つ以上のものを多価不飽和脂肪酸と呼びます。

同じ脂肪酸という括りですが、それぞれ体の中ではコレステロールに関して別々の働きをしています。

 

ここでは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いやコレステロールに対してどのような関りを持つのかを説明していきます。

 

飽和脂肪酸

肉やバター・ラードなどの乳製品などの動物性脂肪や、ココナッツ油やヤシ油などの熱帯性植物から加工される油に多く含まれています。

飽和脂肪酸は身体を動かすための重要なエネルギーですが、多くとり過ぎると、冠動脈疾患や肥満、糖尿病などの生活習慣病の原因となります。

日々の生活で、身体を動かすために重要な役割を担っている飽和脂肪酸はコレステロールに関する側面から言えば、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やすというあまり良くない特徴を持っており、生活習慣病を発症するリスクと合わせて、大量摂取には注意が必要です。

 

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は主に植物油や青魚に多く含まれ、身体の中で合成出来ない必須脂肪酸です。

化学的特徴として、一個以上の二重結合を持ち、酸化されやすくすぐに劣化してしまう特徴を持っています。

不飽和脂肪酸は一価飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、多価不飽和脂肪酸はさらにn-6系とn-3系に分けられます。

 

一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は通称オレイン酸と呼ばれます。

料理に良く利用されるキャノーラ油やオリーブオイルに多く含まれ、コレステロールに関する面では、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らす働きを持っています。

多価不飽和脂肪酸

主にn-6系、n-3計に分けられます。

n-6系は通称リノール酸と呼ばれ、大豆油やコーン油に多く含まれます。

n-6系は基本的にはLDLコレステロールを減らしますが、摂取しすぎると、肝心のHDLコレステロールまで減らしてしまうので注意が必要です。

n-3計系はさらに、α‐リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に分けられ、基本的にはLDLコレステロールを減らします。

α‐リノレン酸は、しそ油や菜種油、向日葵油に含まれ、EPAやDHAは鯖やサンマなどの青魚に多く含まれます。

これらは、不足すると皮膚炎などを引き起こしやすくなります。

 

脂肪酸をバランス良く摂取しましょう!

以上、脂肪酸の種類と違い、コレステロールに関わる効果を説明しました。

この違い、特にどんな食材に多く含まれるかを知っておくことで、自分が普段からどの脂肪酸を摂取しているか、または、摂取しすぎているかを知ることが出来るのではないでしょうか?

特に不飽和脂肪酸は必須脂肪酸の中でも、体内で合成できない貴重なものです、血中のコレステロール値が高い方は料理をす時の油にも気を遣ってあげると良いでしょう。

目安として、一日一皿、青魚類または、植物性の油を使用した料理を摂取してあげてみてください。

 

コメント