PREP法の意味と使い方

雑記
スポンサーリンク

みんさんは【PREP法】という書き方を知っていますか?

ここでは、僕が学んだ【PREP法】の意味、そして使い方を説明していきます。

 

ネット上には無数の記事があ溢れかえっています。

あなたも何か調べものをするときに多くの記事を無作為に選んで読むことかと思います。

しかし、中には、欲しい内容が全然伝わってこず、

「何か読みにくい。」「自分の欲しい情報とはズレている。」と感じて、すぐにそのページを閉じてしまう経験もあると思います。

そう感じた場合、その記事は【PREP】が整っていません。

【PREP】が整っていないと、書いてある内容がめちゃくちゃで、どこに何が書いてあるかもわかりにくく、全部読み進めても、その記事の主体はどこにあったのか分からなくなってしまします。

あなたが書いた記事がそのような記事だった場合、ユーザーにとってもあなたにとっても悲しい結果となってしまいます。

それを防ぐために、【PREP法】を考え、的確に記事に取り込むことで読みやすい文章を書いていきましょう。

 

【PREP法】とは?

まず、【PREP法】の意味から解説しましょう。

【PREP法】は、

P = POINT(要点)

R = REASON(理由)

E = EXAMPLE(具体例)

P = POINT(要点)

という意味の単語を表しています。

では、それをどのように使用すればよいのでしょう?

 

【PREP法】のP=要点を大切に。

まずは、P=要点をブログの初めに書きましょう。

このはじめに要点を置くというのはかなり重要です。

なぜかというと、ネット検索で必要な情報を探しているユーザーのほとんどは、開いたページの最初の数行に自分の目的に合致する言葉がないとすぐにページから離脱する傾向があるからです。

それもそうです。

ユーザーの時間も無限ではありません。

優良の転職サイトを探しているのに、冒頭の部分で長々と転職マインドの話をされても、

必要な情報にたどり着く前に飽きてしまい、別のサイトを探しに行ってしまいます。

これでは、後半にどれだけ良いことを書いても、読んでもらうことは出来ず、結果的にその記事はダメな記事という烙印を押されてしまいます。

それを防ぐためには、冒頭部分でどれだけユーザーの心を引き付けられるかが重要です。

記事の冒頭部分にその記事で一番伝えたいことを一言で表しましょう。

この記事ででも冒頭で、「【PREP法】の意味、そして使い方を説明していきます。」とはっきりと冒頭に述べています。

 

【PREP法】のR=理由を述べる。

冒頭の部分でP=要点を述べた後は、その要点になぜ至ったのかという理由を説明します。

この記事の場合、

P=要点 → 【PREP法】の意味と使い方の説明をする。

R=理由 → なぜ、それを説明することが重要だと思ったのか。

という構成にしています。

P=要点だけだと、何か押しつけがましい文章になってしまうので、なぜそのように考えたのかを自分なりに理由付けできるようにしておきましょう。

 

【PREP法】のE=具体例の示す。

要点を述べ、その理由を説明したら、次はその要点を表す具体例を説明しましょう。

例えば、「面接の仕方」についての記事を書いた場合、

P=元気があるように見られる面接態度を目指す。

R=なぜ元気があるように見られるほうが良いのか。

E=元気があるように見られるには大声で自己紹介することだ。

という具合です。

大事なのは方法を示すこと。

多くの人は、目指すべきことがわかっていても、具体的にどのような行動をとればよいのか悩んでしまいます。

それを解決してあげることがこの【E=具体例】を記す目的です。

 

【PREP法】のP=要点を再び述べる。

最後に記事のまとめを書きましょう。

【PREP法】の【PRE】の部分は、いくらわかりやすく書いても読み手にとってはかなりのエネルギーを使っています。

いわゆる情報過多で頭の中の整理が出来ていない状態です。

最後のP=要点では、今まで記述したことについて簡潔にまとめてあげましょう。

読み手側も最後にまとめを読むことでスッキリとした状態で、ページを閉じることができます。

 

【PREP法】を意識して、わかりやすい文章構成を。

以上、【PREP法】の意味、そして使い方を説明しました。

P = POINT(要点)

R = REASON(理由)

E = EXAMPLE(具体例)

P = POINT(要点)

という4つのポイントを意識して書くことで、記事に構成のメリハリをつけることが出来、

あなたの記事を読み手にとって理解しやすい優良な記事に進化させることができます。

良い記事だという印象が残れば、あなたの記事をもう一度見てもらえる可能性もあるので、多くの人に記事を読んでほしい方にとってかなり重要な部分だと言えるでしょう。

 

記事の書き方がわからない、構成に悩んでいるという方は、この【PREP法】を試してみてください。

かなり記事が書きやすくなるはずです。

 

 

コメント