結婚式・披露宴を100万円以下で挙げる方法

家族・結婚
スポンサーリンク

結婚式と披露宴には300万円以上を使って、盛大に!!

これはもはや昭和の話、今は、結婚式と披露宴でさえも100万円以下で済ませる時代です。

(近頃は挙げない人も多いとか。)

しかし、それを実現するためには、自分でやらなければならないことも多いです。

僕は、結婚式・披露宴を100万以下で行い、尚且つ雰囲気は良くしたいと思いいろいろ試行錯誤しながら準備を勧めました。

今回は、「結婚式・披露宴は安く済ませたいけれど、あま質素な感じになりすぎるのは避けたい!」という方のために、

実際に100万円以下で挙げた僕が、それを実現するために実践した方法を紹介します!

 

結婚式・披露宴を100万円以下であげるために実践したこと。

僕が実際に100万以下で結婚式・披露宴をあげた具体的な方法を解説していきたいと思います。

 

結婚式場・披露宴会場は同じ場所で!

結婚式・披露宴を挙げる上で、もっともお金がかかるところはその会場です。

まず、この会場選びが上手くいくか上手くいかないかで必要資金が大きく変わってきます。

 

それでは、どのような会場が必要資金を抑える上でもっとも効果的なのでしょうか?

以下にポイントを列挙していきたいと思います。

・結婚式場(教会)が内包されているレストランウエディングであること。

・食事形式がイタリアンであること。

・テーブルマークなどの飾りつけが持ち込み可能であること。

・専門の司会者さんが在籍していること。

以上、この項目は死守していきたいと考えています。

 

〇結婚式場(教会)が内包されているレストランウエディングであること。

結婚式・披露宴を挙げるパターンとして、「式場・披露宴会場が別々」「ホテルで一括」「ゲストハウス型」「式場内包のレストランウエディング」があります。

この中で最もコストを抑えることが出来るのは、「式場内包のレストランウエディング」です。

 

「式場・披露宴会場が別々」は日付や場所を二つ押さえないといけないので、2倍費用が掛かってしまいます。

「ホテルで一括」パターンは一見便利そうですが、ホテル自体の場所代と従業員が多いので、人件費が高く、それだけで、50万~100万円かかってしまいます。

「ゲストハウス型」もオシャレで憧れも強いかと思いますが、立地が郊外にある場合が多く、場所代とそこへ行くための交通費が高くなってしまいます。

 

これらと比較して、「式場内包のレストランウエディング」は、日頃は少しリッチなレストランとして利用されていますが、

もともと披露宴などを開催することを目的として設計されていることが多く、近年では教会を模した簡易式場が併設されているパターンも増えてきています。

このような場所は、ウエディングだけで収入を得ているだけではなく、日頃のレストラン業務やイベント業務でも収入を得ているため、結婚式・披露宴自体の料金も安く設定されている場合があります。

また、通常が少しリッチなレストランということで、スタッフのレベルも高く、品位の良い披露宴を開くことができるでしょう。

 

〇食事形式がイタリアンであること。

続いて、食事形式です。

僕は、可能であれば、イタリアンをオススメします。

フランス料理は基本的にコースの種類が多く、シェフの創作的な手間が大きいので値段が高くなりがちです。

日本食や中華系、スペイン料理は食材の値段は安く済ませられますが、結婚式場・披露宴会場の雰囲気とマッチさせることが難しく、式・披露宴の雰囲気の統一感に欠けてしまいます。

イタリアンはフランス料理ほどコースの種類が多くなく、素材も安価なものに変更しやすく、

料理の見た目も西洋式なので、洋式が多い「レストランウェディング」の会場と上手くマッチしてくれます。

 

〇テーブルマークなどの飾りつけが持ち込み可能であること。

意外と重要な項目です。

結婚式・披露宴を安く、お手頃価格で済まそうと思うと、備品や飾りを自分たちで用意することは必要不可欠になってきます。

しかし、それらの備品の持ち込みを制限している会場は意外と多く。

それらを持ち込みしようと思うと、一点につき3000円など、無駄に費用を取られてしまいます。

僕の場合、下見をした一つは一点に付き2700円(税別)と、ツッこまざる負えない費用を請求される場所もありました。

このような無駄な追加費用を発生させないためにも、「持ち込み費用はかかるのか?」ということはきちんと聞いておきましょう!

 

〇専門の司会者さんが在籍していること。

イベント関係の司会者さんが在籍していることも重要な要素です。

40人~50人規模のレストランウェディング会場では、スタッフの方が司会が出来るという場合も多いので、あまり心配することではないかもしれませんが、

もし、在籍していない場合、司会者さんを別で呼ばなくてはならないパターンがあります。

そのような司会者さんはフリーとして司会をしておられることが多く、専門料として20万円以上の費用を請求される場合があります。

レストランウェディング会場のスタッフの方が司会をできる場合は、その司会料も会場代に含まれていることが多いので、在籍の有無は結婚資金に大きくかかわることでしょう。

 

備品は招待状は手作りが基本!!

もう一つ、結婚式・披露宴の費用に大きくかかわることがあります。

それは、備品や招待状を自分たちで用意できるかということです。

たとえば、テーブルマーク。各テーブルに置く番号札のようなものですね。ある業者ではこれが一つ800円

席札 → 一つ500円

ウェルカムボード → 32000円

雰囲気づくりの大きな蝋燭 → 一本5000円

招待状 → 40セットで60000円 などなど。

一般的なこれらを業者に頼んで準備してもらうだけで、もう10万円以上かかってしまいます。

 

もし、時間が許すならこれらの備品・招待状関連も手作りしてしまいましょう!

時間という労力は使いますが、費用は材料代だけで済みます。

どれだけ安くなるかは、材料選定と工夫次第です。

ちなみに、僕は、40人分の席札を少し良い紙と造花を使って、2700円で済ましました。

その他の備品・招待状もアイデアとネット調査を駆使したので、合計で40000円ほどで済みました。

 

なにより、手作りとしてパートナーと共同でつくることで、結婚式準備期間の良い思い出になります。

絆も深まることでしょう!

 

値段と満足度の兼ね合いが大事!!

以上、結婚式・披露宴について大きく削ることの出来るところを挙げてみました。

しかし、削り過ぎると、せっかくの結婚式・披露宴が味気ないものになってしまいます。

そうならないために、内容を詰めるまえに夫婦で良く話し合っておきましょう!

お互いの「ココは絶対に譲りたくない!!」という事柄を知っておけば、おのずと、削って良い部分とそうでない部分が見えてくると思います。

 

値段と満足度の兼ね合いは大変難しいですが、経済的にも、幸福度的には、満足のいくものとなるように、

お互いがしっかりと話し合い、内容を細かく詰めていきましょう!

 

総額100万円以下の結婚式で、あなたの人生の良い思い出をつくりましょう。

 

 

コメント