結婚式の写真を最高のものにするために ~カメラマンさんと綿密な打ち合わせを~

家族・結婚
スポンサーリンク

既婚者の方へ質問です。

ぶっちゃけ、結婚式や披露宴の写真を後から見返してみて、どう感じましたか?

「この角度はちょっと・・・・」とか、「欲しいシーンがない。。。」

など、思い当たる節があるのではないでしょうか?

かくいう僕もその一人です。

正確には妻が写真について、少しだけ不満があったみたいです。

 

というわけで、

これから結婚式を挙げたり披露宴を開催する方たちには、最高の思い出写真を残してほしいので、そのコツを少しだけ話してみようと思います。

 

カメラマンさんと綿密な打ち合わせをしよう!

最高の思い出写真を残すために重要なことは、「いかに担当カメラマンさんと打ち合わせを重ねるか」です。

みなさん、結婚式の打ち合わせとなると、主に当日の式や披露宴を指揮ってくれる司会者さんと打ち合わせをすることに重きをおきます。

確かに、当日の進行に支障があっては困りますので、司会者さんとの打ち合わせは最重要です。

しかし、最高の思い出を残すためにはもう一人打ち合わせをしなければならない人がいます。

それが担当カメラマンです。

 

自分たちの晴れの舞台!! お願いは多少、無理を言っても良い。

カメラマンさんはプロです。

自身の力を限界まで使って、素晴らしい作品を撮ってくれます。

しかし、あなたの心で考えているシーンや角度の写真がある場合はしっかりと、その旨を伝えましょう。

一生の一度の晴れ舞台、特に女性にとっては忘れられない思い出となります。

その晴れの舞台を後日でもニコニコと眺められるように残してほしいシーンや部分は遠慮なく注文してみましょう。

「細かく依頼するのは気が引ける」といったような気持ちもあるとは思いますが、後悔を残さないためにしっかりと伝えることが大切です。

結婚式に来て下さるカメラマンはあなた方「二人の幸せのシーンをしっかりとおさめるんだ」とうプロ意識で来て下さる方がほとんどだと思います。

なので、その細かい部分の撮影依頼も笑顔で答えてくれることでしょう。

 

友達たちとは別の角度・視点で撮ってもらいましょう!!

結婚式・披露宴の写真は、あなたの友達たちも多く撮っているでしょう。

しかし、その多くはあなたたち夫婦を正面から撮ったものがほとんどのはず。

しかもその写真は、お願いすれば簡単にもらう事ができます。

では、カメラマンさんにはどのような写真をお願いすれば良いでしょうか?

 

それは、前からの写真はほどほどにして、

「横・または後ろから綺麗に映る写真」を撮ってもらうことです。

式当日、新婦さんは2時間~3時間、またはそれ以上の時間をかけて、綺麗になっていきます。

それは、前だけでなく、横からも後ろからも360度、どの角度から見ても最高の姿になるようにスタイリストさんが仕上げてくれます。

そんな新婦さんの姿を前だけしか残せないなんて、なんともったいないことでしょうか?

僕の妻も、「このドレスの背中のリボンの写真がほしかった」と未だに後悔しています。

自分の目で記憶することが出来ないからこそ、しっかりと思い出写真として残したかったみたいです。

 

そこでプロのカメラマンさんにお願いしてみましょう。

一般の招待者には撮ることが難しい角度で、あなたたちを綺麗にとってもらいましょう。

 

360度、あなたたちの目で残すことが出来ない角度から思い出写真を撮ってもらいましょう。

そのようにお願いするだけで、結婚式後の思い出も、華やかにしっかりと残っていくでしょう。

 

これから、結婚式・披露宴を挙げるみなさまの幸福をお祈り申し上げます(^^)

コメント