コレステロールフリー! ダイズラボの【大豆のお肉】

低脂質フード
スポンサーリンク

【大豆のお肉】。登場。

コレステロール過多の脂質異常症の方にとっては、お肉一つとっても天敵です。

お肉を想う存分に食べたいけども、動物性脂質である肉類の摂取に抵抗が生まれてしまった。。。

そんな方に朗報です!!

【大豆のお肉】という製品が開発されていることはご存知でしょうか?

【大豆のお肉】とは、その名の通り、大豆を主原料とした大豆加工食品です。

大豆の油分を搾油して加熱・加圧、高温乾燥をさせて作られており、お湯で戻すと、かなりお肉に近い食感を味わうことができます。

 

ミンチタイプで使いやすい! ダイズラボの【大豆のお肉】!

有名企業の開発商品!【大豆のお肉】を買ってみた!

それでは、【大豆のお肉】を紹介していきたいと思います。

今回は一人でも使いやすい100g(乾燥状態)タイプを購入してみました。

【大豆のお肉】は、味噌でお馴染み「マルコメ株式会社」の「ダイズラボシリーズ」の商品です。

「ヘルシーを、もっと美味しく」をテーマに大豆の加工食品の開発を進められています。

詳しくは、→ダイズラボ特設ページへ どうぞ。

表にわかりやすく「高たんぱく」「コレステロールフリー」「食物繊維たっぷり」と惹かれそうなワードが並んでいます。

【家族性高コレステロール血症】である僕にとっては、「コレステロールフリー」がとても魅力的です。

 

続いて裏面の栄養素を見てみましょう!

100gあたりの栄養成分表です。脂質はありますが、コレステロールは0mg!

牛・豚・鶏類ミンチのコレステロール量が100gあたり50mg以上は確実なので、この差は大きい!!

コレステロール過多の脂質異常症の方にとっては、健康食と言えるでしょう。

 

【大豆のお肉】をお湯で戻してみよう!

【大豆のお肉】は基本的にお湯や水で戻してから料理に使用します。

さっそく、お湯で戻してみましょう!

今回は1/3ほどの量の30gをお湯で戻します。

4分ほど、つけてみました。これからどうなるのでしょう?

 

4分後の【大豆のお肉】の姿がこちら!

デデン!!

かなり膨らみましたね!

質量も水分を吸っているので、96gと3倍になりました。

100gの商品を購入したので、戻して料理に使えば、実質300g以上ということですね。

 

一粒の比較がこちら、だいたい、これぐらい膨らむらしいです。

この一粒一粒がミンチの代わりになります。

これは、様々な料理に仕えそうですね。

ハンバーグ、つくね、肉団子や麻婆豆腐のミンチ代わりにも使えそうです。

うーん!夢が膨らみます!

 

【大豆のお肉】のメリット

大豆のお肉の栄養的なメリットとして、以下の3つがあげられます。

  1. 高たんぱく
  2. 大豆の栄養を手軽に摂取できる
  3. お肉の満足感を得ることが出来る

高たんぱく

タンパク質は、筋肉や臓器、肌や爪などを作ったり、酵素や免疫物質、栄養素の運搬までも行う、重要な物質です。

僕たちの身体の15~20%ほどを占めており、わずかではありますが、エネルギー源としても活用されています。

大豆の栄養素

植物性のタンパク質

大豆は「畑のお肉」といわれるほど、多くの栄養素を含んでいます。

その最たるものが植物性のタンパク質です。

植物性のタンパク質は、必須アミノ酸をバランスよく含み、牛乳や卵などの動物性タンパク質に巻けないタンパク源です。

さらに動物性タンパク質よりも消化・吸収がされやすく、体内での利用効率も高いものとなっています。

カルシウムなどの豊富なミネラル

意外にも、大豆にはカルシウムが多く含まれています。

その量は、茹で大豆100gでマイワシ100gと同じです。

カルシウムは骨格の基本である骨を構成するための重要な成分であり、筋肉の収縮や神経伝達にも大きくかかわっています。

まあ、鉄分も同じ質量のホウレンソウと同じぐらい含まれており、体内の血液循環や酸素供給にも重要な役割を担っています。

他にもマグネシウム、亜鉛、マンガン、銅などの、体内で微量ですが必要とされる成分も含んでいます。

ビタミンB群

大豆にはビタミンB群、Eも多く含まれています。

特にビタミンEは抗酸化作用を持つ栄養素と言われており、老化の防止に役立っています。

大量の食物繊維

食物繊維は腸の働きを整えるだけではなく、脂質異常症の方が気になるコレステロールの排出にも役立っています。

食物繊維によって、余分な脂質を絡めとり、便として体外に排出します。

 

料理例! 【大豆のお肉】の春巻き!

【大豆のお肉】をお湯で戻して、使える状態にしたので、実際に料理をしてみました。

ちょうど、春巻きの皮があったので、春巻きを作ってみました。

お湯で戻した【大豆のお肉】に多少の具を混ぜて、種をつくり、それを皮で巻いて焼くだけです。

それがこちらです。

アクセントに紫蘇(シソ)も入れてみたので、少し緑色が写っています。

中には、たっぷりと【大豆のお肉を】詰めました。

本物のミンチみたいな味と歯ごたえでかなりボリューミーな一品になりました。

大満足です。

 

試してみる価値アリ!! ダイズラボの【大豆のお肉】!!

マルコメ株式会社のダイズラボシリーズ、【大豆のお肉】はいかがでしたか?

普段の肉の量を控えたい方、脂質異常症の方、これからの健康に気を遣いたい方など、幅広い世代や異なった環境の方に広く受け入れられる商品となっています。

 

あなたの生活を食生活から豊かなものにしていきましょう!

健康は将来への財産です!!

 

 

 

コメント