【楽天証券】でつみたてNISA! ~100円から始める使い方ガイド~

投資・資金
スポンサーリンク

100円から始められる【楽天証券】の「つみたてNISA」を本格的に開始しました。

余剰資金もあまりないので、将来のために出来ることをコツコツと始めています。

 

今回は、「100円から本当に投資できるの?」という疑問を解消するために、実際の設定画面を掲載しながら、【楽天証券】で「つみたてNISA」を設定する方法を解説したいと思います。

楽天会員のアカウントを持っており、【楽天証券】の総合口座を開設していることが前提の記事ですので、まだの方は下記ページから、それぞれ登録をしてみてください。

 

5分以内! 楽天会員の無料登録方法とメリット・デメリットの解説!

つみたてNISAを楽天証券で! 毎日100円から出来ます!!

 

【楽天証券】の「つみたてNISA」で100円から投資する設定方法

投資で得た利益が20年間非課税になる「つみたてNISA」。

年金がうまく機能しなくなるであろう将来のために、30代・40代の方を中心に始めるべき投資方法だと考えています。

 

しかし、不況や低迷が続く一般家計において、投資資金はあまり用意できないもの。

 

そんな方たちに朗報です。

 

なんと【楽天証券】では、100円から投資「つみたてNISA」をはじめることができます。

ここでは、僕も愛用している【楽天証券】での「つみたてNISA」の設定方法を画像を添えて解説していきます。

 

それでは、【楽天証券】のマイページへログインしましょう。

【楽天証券】への登録がまだの方は、以下記事を参考にしてください。

5分以内! 楽天会員の無料登録方法とメリット・デメリットの解説!

5分以内! 楽天会員の無料登録方法とメリット・デメリットの解説!

 

ログインすると以下の画像のように表示されているかと思います。

画面右上部にある①「NISA つみたてNISA」をクリックします。

 

「つみたてNISA」の口座が開設されていれば、②「つみたてNISAで、はじめよう資産形成」という動画が再生できるので、一度、目を通しましょう。


※「つみたてNISA」の口座がまだ開設されていないと、「税務署の審査中~・・・、」という文言が表示されます。口座が開設されると、「NISA口座」の選択後、上記のような動画再生画面が表示されるので、1週間ほどお待ちください。

税務署の審査が結構長いです。気長に待ちましょう。


 

 

動画を視聴し、画面下へスクロールすると、「早速ファンドを探してみよう」という文章の下に二つの選択肢が表示されます。

「ファンド一覧から選ぶ」「パッケージから選ぶ」です。

今回は、「毎日100円から」ということで、1つだけファンドを選ぼうと考えているので、③「ファンド一覧から選ぶ」を選択します。

 

ファンドが買い付けランキング順で表示されています。

今回は、安定した成績を残している「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選択します。

「カートに追加」の「□」にチェックをいれましょう。

 

投資についての知識のある方は、他のファンドを選択しても構いません。

投資初心者の方は、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選択するのが無難かと思います。

 

※選択肢はあくまで自己責任でお願いします。

 

ファンドを選択したら、右下の「カートを確認」のところに「①」と表示されます。

ここには選んだファンドの数に等しい数字が表示されます。

1つしか選んでいないのに、「②」などが表示されている時は、もう一度確認してみましょう。

間違ってクリックしている可能性があります。

 

選んだファンドと数に間違いがなければ、⑤「一括積立注文へ」をクリックします。

 

⑥「積立タイミングの設定」をします。

「毎月」「毎日」が選択できます。

今回は、毎日コツコツとが主題ですので、「毎日」を選択しましょう。


※「毎月」と「毎日」では、引落の設定が異なります。

「毎月」では、証券口座の他に楽天銀行などの銀行口座も設定できますが、「毎日」を選択した場合、証券口座しか選択肢はありません。


 

次に「金額・分配金コースの設定」を行います。

⑦「積立金額」を入力しましょう。

主題通り、100円を入力しました。

分配金コースは「再投資型」を選択します。

画面下に、「年間積立想定額」が表示されるので、年間にかかる金額をしっかりと確認し、証券口座に資金を入金しておきましょう。

 

下へスクロールすると、「増額の設定」や「ポイント利用設定」の選択肢が表れます。

資金が少ない100円投資という前提なので、デフォルトの「増額しない」ままにしておきましょう。

 

⑧「目論見書の確認へ」をクリックします。

 

ファンドごとに、⑨「目論見書等を閲覧する」というボタンがあります。

クリックして「目論見書等」を閲覧しましょう。

※未閲覧だと、この場所が赤色で表示され、先へ進むことができません。

 

「目論見書等」を閲覧したら、⑩「目論見書・約款の確認」の「□」にチェックをいれます。

下に記載されている「投資信託積立取引約款」も閲覧しておきましょう。

 

が済んだら⑪「注文内容確認へ」をクリックします。

 

設定・入力した内容を確認しましょう。

間違いが無ければ、⑫「取引暗所番号」を入力し、⑬「注文する」をクリックします。

 

「積立注文を受け付けました。」と表示されれば、注文が完了です。

翌日から証券口座より引落されるので、20年間、気長に積み立てていきましょう。

 

コメント