【アイキャッチ画像】の「alt属性」設定とは?

「alt属性」の設定 ブログ設定・運営
スポンサーリンク

【アイキャッチ画像】は記事のイメージを表現したり、記事への流入を増やす上で、非常に重要な要素です。

→ アイキャッチ画像の必要性とオリジナルアイキャッチ画像のメリット

 

その重要な要素である【アイキャッチ画像】をさらにSEO的に強化するために「alt属性」の設定を取り入れてみましょう。

 

「alt属性」の設定とは?

「alt属性」とは、HTML上で画像を表示する時の、画像の代替となるテキストの事を言います。

画像が正しく表示されない環境下である場合、もし「alt属性」として代替テキストが設定されていれば、画像が表示されていない場合でも、その画像情報を覗うことができます。

つまり画像が意味するものや内容を簡単に表したものと言えます。

 

SEOと「alt属性」の関係は?

冒頭部分で、SEO的に強化すると言いましたが、実際は、そこまで大きな貢献はないとされています。

「alt属性」の文字はGoogleに評価されないか、もし評価されたとしても、非常に小さいものです。

では、なぜ、「alt属性」を設定したほうが良いのか?

それは、Googleの評価を挙げるというよりも、検索エンジンに情報を正しく伝え、画像の内容を正しく認識してもらためです。

 

Googleも、「alt属性」を設定する理由を以下のように説明しています。

 

画像ファイルには短くてわかりやすい名前をつけましょう。
「alt属性」で画像の内容を説明しましょう。この情報によりGoogleが画像の内容を認識しやすくなります。
ページ上の各画像の下に、短いキャプションを添えます。重要な情報は画像ではなく、テキストであらわしましょう。

よって、検索エンジンに正しく画像内容を認識してもらい、検索にかかるために、SEO的な評価にかかわらず、代替テキストである「alt属性」を設定したほうが良いでしょう。

 

実際に「alt属性」を設定してみよう。

それでは、実際に「alt属性」を設定してみましょう。

基本的に記事に載せる画像には次のHTMLが適用されています。

 

<img src=画像のURL alt=”〇△□“/>

 

この赤字のところが設定する部分になります。

この部分に画像を表す文字をいれましょう。

 

WordPressをご利用の方は、下記の画像を参照ください。

ワードプレスのalt属性設定

赤字のA枠の部分にそのままキーワードを入力すると、「alt属性」として処理してくれます。

 

「alt属性」設定の注意点

「alt属性」を設定する上で、絶対にNGな行為があります。

それは、「特定のワードの詰め込みや繰り返し」です。

この行為を画像に「alt属性」として設定すると、検索エンジンにスパムとして処理される場合があります。

スパムとして認識されると、検索順位に大きな影響を与えてしまうので、意識して注意するようにしましょう。

 

「alt属性」は空欄にしても良いのか?

ここまで「alt属性」の話をしていると、全てのコンテンツに「alt属性」を設定しなければならないと思い込んでしまいそうですが、そういうわけではありません。

「alt属性」の基本は代替テキストで画像を伝えるということなので、代替テキストが画像とマッチしない場合は、空欄にしておきましょう。

<img src=画像のURL alt=””/>

上記の図のように<alt=””>状態にしておきます。

 

空欄にしても良いことを認識しておけば、画像に合わない代替テキストを入力してしまうことを避けることが出来るでしょう。

 

「alt属性」のまとめ

「alt属性」について、解説しましたが、最後に簡単なまとめを表記したいと思います。

  • 「alt属性」は、非テキストコンテンツである画像や写真の意味を正しく伝える手段である。
  • 特定のキーワードの詰め込みや繰り返しは思わぬ不利益を被るので注意が必要
  • 意味をもたない画像などの「alt属性」は入れる必要がない。無理に入れると、Googleが正しい情報を認識できない。

【アイキャッチ画像】や挿入非テキストコンテンツを挿入する場合は、以上のことを意識してみてください。

あなたの記事がGoogleに正しく認識される確率が格段にあがります!

 

コメント