【2018年10月第4週】実績公開! SBIFXトレードでスワップポイント積立!

スワップ実績公開アイキャッチ20181027 実績公開
スポンサーリンク

貧乏人がはじめる、地道なスワップポイント積立投資!

【2018年10月第4週】の実績公開!

元本極小!貯金も無しの貧乏人、Hidekichi.が将来の安寧を勝ち取るために、スワップポイント積立をはじめました。

今月【2018年10月第4週】の積立実績を公開していきます。

 

【2018年10月第4週】の成績はこちら!

スワップ実績公開20181027

損益:-2116円(前回-3596円)

スワップポイント:+500(前回+164.7)

前回より、4000円ほど入金し、南アフリカランドを10000枚ほど買い増ししました。

 

USDにつられて、

AUD/JPY、ZAR/JPY共に大きく下がってしまいました。

米大統領選や、中国経済、サウジアラビアでの記者殺害など、いろいろ言われていますね。

しばらくは、下げが続くと思いますので、強気な「買い」はせずに見守っていきたいと思います。

リーマンショック級の暴落は来ないと思いますが、トルコリラ級の下落はいつ来てもおかしくないので、10000円ほど、口座に入金して、証拠金維持率を上げておこうと思います。

 

評価損益では、2000円以上損益を出していますが、決済をせずにホールドしていた分、スワップポイントは貯まってます。

10月22日~10月27日までのスワップポイントは、160ほどの+です。

 

ほっといても利益が積み重なっていくのが、スワップポイントの良いところ、金利低い日本だからこそ出来る投資方法ですね。

徐々に通貨量を増やしつつ、スワップポイントを積み重ねていきたいと思います。

 

 

スワップポイントの簡単解説と、資金が少なくても取引しやすい【SBIFXトレード】についての解説は、以下を参照してください。

 

スワップポイント積立投資の特徴

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FXで得られる利益の一つで、二つの通貨の金利差で収益を得るモデルです。

例えば、AUD(豪ドル)の金利が1.6%、JPY(日本円)の金利が-0.1%だとすると、

その金利差1.7%に基づいた収益を得ることができます。

 

この収益はスワップポイントと呼ばれ、毎日付与されます。

不労所得を得るための「とっかかり」としては、実感がわきやすいモデルです。

 

重要なのは、金利の低いJPY(日本円)などで高金利のAUD(豪ドル)やZAR(南アフリカランド)を「買う」ことです。

もし、AUD(豪ドル)やZAR(南アフリカランド)でJPY(日本円)を買ってしまったり、JPY(日本円)で「売り」注文をだしてしまうと、逆にスワップポイントを払う必要が出てくるので注意が必要です。

 

スワップ投資の期間

スワップ投資による資産運用は基本的に、中期~長期の運用になります。

AUD/JPYやZAR/JPYを持ち続けて、毎日スワップポイントを受け取るというスタイルです。

基本的に何もしません。

一度「買い」を注文したら、ひたすら長期ホールドです。

何もやることがないので、副業で始めるには、もってこいの運用方法といえます。

 

軍資金が無い人は【SBI FXトレード】ではじめましょう!

1単位から取引できる! 初めは小さく実践してみよう!

僕のブログでの実績公開は基本的に「元本が極小」、「貯金が無い」方に向けて、

コツコツと積み重ねた結果を見せていきたいという想いから書いています。

 

そんな僕が、初めて利用を開始した取引業者は【SBI FXトレード】です。

理由は何か?

 

「1単位から取引できるから!」

 

です。

他の取引業者は1000通貨や10000通貨からの取引が基本ですが、

そのためには、5万円や10万円など、高額な入金をしなければなりません。

しかし、【SBI FXトレード】は1単位から取引することができます。

1ドル=100円だとすると、4円の証拠金から運用することができるんです!

 

元本が少ない方、貯金がない方は資金作りの一環として、【SBI FXトレード】から始めてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事: FX初心者にオススメ! 【SBI FXトレード】の口座開設方法! 図解で簡単解説!

 

 

コメント