あなたのIDはバレバレ!? 【WordPress】の不正ログイン対処方法!

eas編集後00 ブログ設定・運営
スポンサーリンク

ブログ運営やホームページ作成など、

自分の感性や作品をインターネットで発信している人の多くが利用している【Word Press】。

 

今回は【Word Press】のセキュリティ対策について紹介します。

 

【Word Press】を利用している方には、是非とも行ってもらいたい対策で、

この対策を怠ると、ログインIDが流出し、パスワードを探し当てられ、あなたのブログやホームページが乗っ取られてしまう可能性があります。

初心者の方でも、上級者の方でも、自分の資産を守るために、しっかりと対策していきましょう。

 

実はバレバレ! 【Word Press】のログインID!

あなたが、【Word Press】を利用する時に入力しているログインID。

そのIDは外から丸見えなことを知っていますか?

 

実は、あなたのIDはアドレスバーから簡単に得ることができるのです。

 

試してみよう! アドレスバーにログインIDを表示させる

それでは、実際にログインIDがばれるか試してみましょう。

eas編集後01

インターネットのブラウザには画面の一番上に、そのページのアドレスを表示する①アドレスバーがあります。

そのアドレスバーにカーソルを合わせて、入力できる状態にします。

 

対象のサイトのアドレスの後に、②「/?author=1」と入力します。

入力出来たら、Enterを押しましょう。

 

すると、「サイトアドレス/author/○○○〇/」の順番に、ある文字列が表示されます。

その「○○○〇」の部分が、そのサイトの③ログインIDなのです。

 

知っている・知らないの違いはあれど、知っている攻撃者からは、簡単にログインIDが入手されてしまいます。

これで、パスワードまでも特定されてしまえば、あっという間に、あなたのブログやホームページは乗っ取られてしまいます。

 

怖いですね。

せっかく築いた資産があっという間に奪われてしまいます。

 

これを防ぐために、ログインID流出対策はしっかりとやっておきましょう。

 

プラグイン【Edit Author Slug】でセキュリティ対策を!

それでは、ログインID流出を防ぐための対策プラグインを入れていきましょう。

 

【Edit Author Slug】の設定方法

まずは、Word Pressの管理画面へログインしましょう。

 

プラグインの項目で、④「Edit Author Slug」を検索します。

プラグインを見つけたら、「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが完了したら、⑤「有効化」をクリックしましょう。

 

eas編集後06

有効化が完了したら、「ユーザー」から⑥「あなたのプロフィール」を選択します。

 

画面を下へスクロールしていくと、「Edit Author Slug」の項目が追加されています。

そこの⑦「投稿者スラッグ」へ注目します。

 

赤矢印の「カスタム設定」を選択し、枠内に好きな文字列を入力します。

僕は「shibounokatamari」と入力しました。

 

入力したら、「プロフィールの更新」をクリックして反映させましょう。

 

これで、セキュリティ設定は完了です。

 

アドレスバーの表示を確認してみよう!

それでは、実際に設定できているかを確認してみましょう。

再度、対象のサイトへとびます。

 

先ほどの手順で、サイトアドレスの後に「/?author=1」と入力し、Enterを押します。

「サイトアドレス/author/shibounokatamari/」と表示されました。

これで、本来のログインIDを隠すことができましたね!

 

ブログ上の表示名も変更しよう

⑦「投稿者スラッグ」を変更したら、アドレスバーの対策は完了です。

しかし、これだけでは、まだ、ブログ上の表示名からログインIDがバレてしまします。

これも防ぐために、ブログ上の表示名も変更しましょう。

 

再び、「ユーザー」から「あなたのプロフィール」へとページを移動しましょう。

「ニックネーム」に適当な名前を入れると、「ブログ上の表示名」で選択できるようになるので、⑨ブログ上の表示名を、それに変更しましょう。

ここの変更が完了すれば、ネット上に表示される名前は、すべて設定した表示名になります。

 

最後に「プロフィール」の変更をクリックすれば、完了です。

 

セキュリティは早めの対策を!

あなたの資産を守るためにセキュリティ対策は早めにしておきましょう。

ネット上では、1日に何万、何億を攻撃が飛び交っています。

 

その数多の攻撃から、自分自身とブログという資産を守るために、早めの対策をこころがけましょう!

 

今からあなたもスタートです!

コメント