納豆もずくごはん!! NMG!! 健康的低脂質生活を実現しよう!

コレステロール
スポンサーリンク

納豆、もずくが常食の【脂質系バーチャルブロガー】のHidekichi.です。

 

納豆の「ナットウキナーゼ」と、もずくの「フコイダン」は、血中のコレステロール低下作用を持っており、家計が厳しい僕のお財布にも優しいため、重宝しています。

 


それぞれの効果や特徴については下記の簡易まとめをご参照ください。

関連記事: 血栓予防に効果絶大!!【ナットウキナーゼ】のはたらき!!

関連記事: もずくを摂ろう!!【フコイダン】を摂取して、コレステロール対策を!!


 

そんな僕が、今回新たな丼に挑戦しました。

 

その名も【NMG(納豆もずくごはん)】!!

 

みなさん、納豆は、納豆ご飯として食べたことがあるかと思います。

では、もずくは!? もずくご飯は!?

 

あまり無いのではないでしょうか?

 

僕はやったことがありませんでした。

というか、もずくをご飯に乗せるという発想が欠如してました。

 

いや~、まだまだ知らない世界があるものです。

 

そこで、今回は、健康的低脂質生活を加速させるべく、

いままで別々に食べていた、納豆ともずくを合わせて、【NMG(納豆もずくごはん)】

として食べてみたいと思います。

 

かなり激うま!! 【NMG(納豆もずくごはん)】の魅力!!

それでは、実際に作ってみましょう。

 

主な材料

納豆(TOP VALU:3パック98円)

もずく(TOP VALU:3パック158円)

ご飯(家にある冷ご飯)・・・オススメの量は茶碗2杯分

NMG01

 

コレだけです(笑

 

一食当たり、レンジの電気代込でも100円ぐらいです。

これで、美味しいという満足感が得られるならば、安いものですね!

 

【NMG(納豆もずくごはん)】の作り方

作り方を説明します!

正直、説明するまでもありませんね(笑

 

①納豆を思いっきり混ぜます。

ネバネバがかなりあったほうが、完成した時の雰囲気もよく、出汁も拡散されるので、思いっきり100回ぐらい混ぜましょう!

 

②混ぜた納豆をご飯にのせます。

NMG02

 

ご飯にのせる時に注意点があります。

 

それは、アツアツのご飯の上にのせないことです。

 

コレステロール低下作用をもつ「ナットウキナーゼ」は熱に弱く、70度の温度で死滅してしまいます。

 

せっかく、「ナットウキナーゼ」が育った納豆を、炊飯器から出したてのご飯の上にのせようものなら、全てが水の泡です。

 

これを防ぐために、茶わんに盛ったご飯は4、5回ひっくり返し、3分~5分ほど置いておきましょう。

これだけで、50度以下の温度へと下がり、「ナットウキナーゼ」を守ることが出来ます。

 

③もずくを三杯酢ごとのせる。

続いて、納豆の上に、もずくをのせましょう!

カップの三杯酢ごと、たっぷりといっちゃってください!

ドバッと!!

NMG03


ご飯の量が少なかったり、酸っぱいのが苦手な方は、もずくだけを器用に取って、ご飯にのせてください。

僕のオススメは三杯酢も全部です。


 

④最後にかつお節を散らして完成!!

最後にかつお節を散らして完成です。

NMG04

目安は3つまみぐらいでしょうか。

あまり入れると、かつお節が主張しすぎるのでほどほどに!


アクセントに「わさび」を少量入れても美味しいです。お好みでどうぞ。


 

一気にかきこむ! これぞ【NMG(納豆もずくごはん)】の極意!

完成したら、丼をガッツリと持ち、一気にかきこみましょう。

納豆のネバネバともずくの三杯酢でかなり流動的になっているので、一気にかきこむのがベストです。

美味すぎて、かなりの満足感が得られるはず!!

 

健康的低脂質生活を営みたいあなた!

是非、常食にしてみてください!!

コメント