楽天で、ふるさと納税をやってみた!

ふるさと納税00 投資・資金
スポンサーリンク

先日、楽天を利用し、初「ふるさと納税」をやってみました。

「ふるさと納税」については、前々から言葉だけは知っていたものの、返礼品や翌年の控除など、よくわからないことが多かったので、「やろう!」と考えてからかなり時間が立ってしまいました。

しかし、いざやってみると、「ふるさと納税」だけでなく、税金に関しても新しい知識がつき、思ったよりも難しくないことがわかりました。

 

今回は、

僕のように「ふるさと納税」を躊躇している方にむけて、「ふるさと納税」の仕組みを簡単に解説していきたいと思います。

 

賢く活用! 実質お得な「ふるさと納税」!!

「ふるさと納税」とは?

「ふるさと納税」とは、【税】と名前についていますが、簡単には言うと「寄付」ことです。

 

具体的には、応援したい自治体に一定金額以上の寄付をすることで、翌年の税金の控除を受けられ、寄付した自治体から、その土地の特産品などの返礼品をいただくことができます。

 

実質2000円で、日本中のあらゆる特産品が手に入る!

「ふるさと納税」の寄付金のほとんどは、翌年の税金控除という形で僕たちに還元されます。

 

その控除額は、なんと、寄付した値段 - 2000円 です。

 

例えば、10000円の寄付を行った場合、9800円。

50000円の寄付を行った場合は、48000です。

どれだけ寄付しても、実質的な負担は2000円!!

2000円で、あらゆる地域の特産品が手に入るとなれば、かなりお得でしょう!

 

「ふるさと納税」の限度額

どれだけ寄付しても、実質負担は2000円なのですが、

全ての人が無制限に寄付できるわけではありません。

その限度額は、「ふるさと納税」を行う人の家族構成や年収によって左右されます。

 

詳しくは総務省へ → ふるさと納税ポータルサイト

 

限度額はそれ以上寄付できないというのではなく、

控除金額に適用される金額の限度額なので、うっかり払いすぎてしまうと、本当にただの寄付になってしまいます。

例えば、限度額19000円の方が、5万円お寄附をしたとしましょう。

この場合、控除に適応されるのは、19000-2000=17000円のみで、

50000-19000=31000円という金額は、控除対象にはならず、ただの寄付になってしまいます。

 

この場合、実質2000円負担という仕組みは無意味になるので、

自分の限度額をしっかりと把握して行いましょう!

 

初めに現金が抜けていくので、感覚的な損を感じるかもしれません。

実質負担は、控除などにより、2000円であることにかわりないのですが、

初めに寄付を行う際には、現金が貯金から抜けることを忘れてはなりません。

しかも、還付金ならまだしも、控除として適応されるので、本当に実質負担が2000円になっているのか、わかりづらい部分があります。

 

返礼品は届いたが、一回、現金が貯金から出ていったので、得した気分にならない方もおられるでしょう。

それを払拭するためには、しっかりとした貯金のコントロールが必要で、来年の控除額を計算にいれた家計の運営が必要かもしれません。

 

僕の家の場合は、

控除された金額を目にわかる感じで実感したいと思い、寄付した金額と同等の額を「ふるさと納税貯金」という形で専用口座にうつしておくという手法をとっています。

 

例えば、10000円の寄付を行った場合、控除額は8000円なので、

8000円を別の口座に移します。

そうすることで、来年に控除される金額を可視化して、別枠の貯金として残しておくことができます。

総貯蓄は変わっていないが貯金はできた間隔になるので、8000円という控除額を感覚的に捉えることができるのではないでしょうか?

 

欲しいモノで選ぼう!! 満足感のある「ふるさと納税」を!!

「ふるさと納税」がどれだけお得か、わかっていただけたでしょうか?

 

家計が厳しい世帯が増えていく中、

このような「お得感」のある制度は、どんどん利用していくべきだと思います。

 

返礼品と節税で、普段の生活の向上を目指しましょう!

 

欲しいモノで寄付先を決めよう!!

では、実際に「ふるさと納税」を行うとして、一体どこに寄付すればよいのでしょうか?

 

正直な話、特別思い入れのある市町村が無ければ、返礼品の内容で決めることもアリです。

実際、僕は、そうしています(笑

 

僕は、ご当地のグルメやお酒に興味があるので、「食べたい!飲みたい!」といった基準で寄付先を決めました。

ちなみにはじめてした「ふるさと納税」がこれです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】【A-191】期間限定 超特盛!粗挽き鉄板焼きハンバーグ20個 …
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/12/5時点)

 

楽天で購入

 

美味しそうでしょう!(笑

ハンバーグです。

しかも20個入。

納税額は10000円ですが、実質負担金が2000円なので、1個100円の計算です。

100円で、本格的なハンバーグが食べれる! ということで、気に入りました。

 

商品ページにかなり詳しく記載があったので、イメージしやすかったですね。

その返戻金をイメージできるかというのは、かなり重要な要素だと思うんですよ。

イメージ出来れば、実際にその返戻金が届いた時に「こんなの想像してたのと違う!!」ということも少なくなるので、市町村の皆様には、詳しい記載と写真をお願いしたいところですね!

 

このように、自分の欲しいモノで寄付先を選ぶことも選択の一つです。

基本的に特産品ですので、その土地のものを手にいれることができます。

「ふるさと納税」を利用して、日本の縮図を感じてみてはいかがでしょうか?

 

「ふるさと納税」なら、楽天で!!

節税対策として有益な「ふるさと納税」ですが、

「ふるさと納税」を行うなら、楽天がオススメです。

楽天ふるさと納税のメリット

楽天で「ふるさと納税」をする一番のメリットは、やはり楽天ポイントがもらえることでしょう。

「ふるさと納税」による楽天ポイントは、普通の楽天市場での買い物と同じように、1%のポイントが付きます。

楽天市場で買い物するように、気軽に「ふるさと納税」もできるので、楽天利用者は楽天ふるさと納税を利用してみてはいかがでしょうか?

 

→ 楽天会員へ登録して「ふるさと納税」を始める

関連記事 → 5分以内! 楽天会員の無料登録方法とメリット・デメリットの解説!

コメント