対コレステロール+対脂肪肝 【焼めざし】をあなたのおやつに!!

焼めざし00 コレステロール
スポンサーリンク

最近、持病の【家族性高コレステロール血症】に加えて、【脂肪肝】までも気になりだしました。

 

関連記事 : 僕をを悩ます【家族性高コレステロール血症(FH)】を簡単解説!

関連記事 : 脂質異常症の方は注意!! 【脂肪肝】という罠!!

 

僕は、結構、間食をするタイプで、

【家族性高コレステロール血症】の治療開始時に、チョコパイやマドレーヌなどの洋菓子系のおやつを一掃し、脂質の少ない和菓子やドライフルールへ方向転換しました。

しかし、当時は、炭水化物・糖質への知識が乏しく、それらを食べすぎると【脂肪肝】を招くことを全く知りませんでした。

結局、何か月もその改善したおやつ生活を続け、【脂肪肝予備軍】と診断を受けて、初めて、炭水化物・果糖類の危うさを知ることになりました。

 

それからまた適したおやつを探す日々(といっても、2日程度ですが)。

 

そして、対コレステロール・対脂肪肝を考えた末に、ついに新しいおやつを見つけました。

 

今回は、【脂質異常症】や【脂肪肝】の方にオススメの究極のおやつを紹介します。

 

焼めざし!! 低脂質、低炭水化物の最強おやつ

焼めざし、とは?

焼めざしとは!?

 

わざわざ疑問符を打つほどでもないですね(笑

 

名前の通り、焼いた「めざし」です。

 

僕が愛用しているのは、井上食品さんの「焼めざし」です。

焼めざし01

焼めざし、そのまんまですね。

主に、マックスバリューなどのスーパーで売っています。

 

50g(16匹~20匹)で300円前後と、お手軽価格で本格的なめざしの味が楽しめます。

 

コンビニなどのおつまみコーナーの「めざし」類を数種類試しましたが、値段・量から判断して、この「焼めざし」が一番でしたね!

 

焼めざしのメリット

「焼めざし」をおやつにするメリットとして以下のようなことが挙げられます。

 

  1. 低脂質・低炭水化物
  2. 豊富なミネラル
  3. 噛めば噛むほど味が出るので、長く楽しめる
  4. 一口含めば、長く口に残るので、作業に集中しやすい

1.低脂質・低炭水化物

僕が「焼めざし」をおやつ替わりにするようになったきっかけは、【家族性高コレステロール血症】からの【脂肪肝】でした。

【家族性高コレステロール血症】対策の低脂質の和菓子を食べすぎた結果、【脂肪肝予備軍】の仲間入りをしたわけです。

そして、低脂質であるとともに、【脂肪肝】の原因である糖質・炭水化物が少ない「おやつ」を探した結果、この「焼めざし」にたどり着きました。

 

まずは、栄養成分表示をご覧ください。

焼めざし02

脂質と炭水化物に注目してください。

一袋でこの量です!

食パン一枚の脂質が2.5~4.5g、炭水化物が30~40gであることを考えれば、かなり少ないことがわかります。

ちなみに、チョコレート一粒の脂質が、1.3g~2.5gなので、

チョコレート一粒≒「焼めざし」です。

 

「焼めざし」の低脂質性・低炭水化物性がわかっていただけたかと思います。

 

2.豊富なミネラル

さらに「焼めざし」は魚なので、ミネラルが豊富です。

カルシウムが950㎎も含まれています。

牛乳が100mlあたり110mgであることから、50g(1袋)で950mgも含まれている「焼めざし」のすごさがうかがえます。

20歳以上の成人男性の1日の推奨摂取量は650mg~800gといわれているので、

朝の牛乳・おやつの「焼めざし」と合わせれば、余裕で推奨量を摂取することができます。

 

3.噛めば噛むほど味が出るので、長く楽しめる

製品の言葉をそのまま借りると、

「噛むほどに旨みじんわり」

「噛めばかむほど、旨みがにじみでる」

など、噛むことを推奨しています。

 

実際、一匹一匹が10㎝ほどの大きさなので、無意識的にカミカミしてしまいます。

 

魚の旨みが口いっぱいに広がるので、魚のにおいが苦手な人でなければ、かなり長く楽しめるでしょう!

 

4.長く口に残るので、作業に集中しやすい

「焼めざし」は、噛むということに特化しているスルメに似た「おやつ」なので、長く口の中に残ります。

その結果、次の一口にてを伸ばすまでの時間が長くなるので、ブログやイラストなどの作業時に、長く集中することができます。

 

小さなチョコレートやチップス系などは、すぐに次を食べてしまうので、作業の手が止まり勝ちです。

 

普段から口が寂しく、何かを食べながら・飲みながら作業する方は、「焼めざし」のような長く口の中に残る「おやつ」が最適でしょう。

 

焼めざしのデメリット

さて、これまで、「焼めざし」のメリットを思う存分書いてきましたが、もちろん食べすぎることによっデメリットもあります。

「焼めざし」を食べすぎることのデメリットとして以下のようなことが挙げられます。

 

  1. 尿管結石の可能性
  2. 部屋が魚臭い。。。

 

1.尿管結石の可能性

「焼めざし」のは豊富なカルシウムが含まれています。

カルシウムは、骨や歯の成分になるだけでなく、筋肉の動きなどもサポートする重要な成分です。

多く摂取すればするほど良いと思われがちですが、食べ過ぎることによってデメリットも生まれてきます。

 

それは、ストレスなどと合併して尿管結石を発症してしまうこと。

 

尿管結石は尿道にカルシウムなどが結晶化しておきます。

「焼めざし」などを食べるときは、1日のカルシウム摂取量の注意を払い、食べ過ぎないように注意しましょう。

 

2.部屋が魚臭い。。。(笑

自分では気づかなかったのですが、部屋が魚臭くなるらしいです。。。

自室で閉じこもってブログ作業をしていたのですが、ふと妻が入ってきたときに、

「くさっ!」

と、言われました。

 

どうやら、「焼めざし」のにおいが充満していたみたいです(笑

 

自分が思った以上に、魚臭くなるみたいなので、ご注意ください!!

 

もし、自室に換気用の窓などがない場合は、匂い消し用のスプレーなどをどうぞ!

 

おやつもバランスが大切!

「焼めざし」についての記事はいかがでしたか?

少しでも、めざし類のメリットが伝われば幸いです!

 

【家族性高コレステロール血症】から【脂肪肝予備軍】を経て、「焼めざし」にたどり着きましたが、次は、カルシウムの取りすぎで、別の症状を発症しないように頑張りたいと思います。

 

何事もバランスが大事。

僕の失敗は、脂質を気にしすぎたあまり、その穴を埋めるように、ほかの食材を爆食いしてしまったこと。

【脂肪肝予備軍】を経験し、食事やおやつはバランスが大事ということを身をもって知ることができました。

 

一度、食事や栄養素に興味を持つと、新たな知識や予防策がどんどん増えていくので、自分のベストな食事方法を見定める良い機会となります。

 

全国の【脂質異常症】のみなさん、僕と一緒に普段の食事をゆっくりと見直していきましょう!!

コメント