【2018年12月第5週】南アフリカランド実績公開! SBIFXトレードでスワップポイント積立!

スワップ実績公開アイキャッチ20181229 実績公開
スポンサーリンク

含み損時こそ、地道な投資! 長期でスワップポイントを積み立てよう!!

【2018年12月第5週】の実績公開!

元本極小!貯金も無しの貧乏人、Hidekichi.が将来の安寧を勝ち取るために、スワップポイント積立をはじめました。

 

<取り扱い通貨ごとに、取引業者を分けていきます。>

南アフリカランド(ZAR)→ SBIFXトレード

メキシコペソ(MXN) → LIGHT FX

豪ドル(AUD) → ヒロセ通商

というように分けました。

 

と、いうわけで、

【2018年12月第5週】の積立実績を公開していきます。

その成績がこちら!

sbiswap20181229

合計通貨量:40000

損益 : -15596円(前回+1810円)

所有スワップポイント:1104(前回+384)

少し回復! 南アフリカランド、2019年1月にさらなる下落はあるか?

相場について

前週より、少しだけ持ち直しました。

とはいっても、40000通貨で、+1810円の持ち直しなので、低迷期が続いていることにかわりはありません。

 

第5週目は、7000円入金し、10000通貨を追加で買いましたので、40000通貨になっています。

この10000通貨は、7.63円で買ったので、いずれ8.0円台にもどった時に、利益として勘定する予定です。

 

まだまだ長期ホールドですね。

逆を言えば、買い増しのチャンス!!

去年は1月~3月に再び下落次期があったので、1月・2月は入金額を増やして、下落時の買い増しに備えます。

証拠金維持率も300%以上と、まだまだ余裕なので、そのまま温かい目で見ていきます。

(【SBIFXトレード】は、ロスカットが証拠金維持率50%までいけます。)

 

妻の許しが出れば、もう70000通貨ほど買って、10万通貨にしたい。

まぁ、家計を犠牲にするわけにはいかないので、1ヶ月に10000通貨増しぐらいが現実的ですね。

 

アフリカランドは実験的に短期トレードを実施していますが、

12月は、短期トレードのリスクが顕著に出た月だと思われます。

相場の読みが甘かった、または情報の仕入れ不足で、思ったように資金が増えていません。

 

さすがは高金利通貨。

コワイですね。

下がる時は、一気に下がる。。。

 

スワップについて

40000通貨所有で、1週間で384円分のスワップポイントが溜まりました。

12月第1週目に利確してから、累計1104ポイントがたまりました。

宣言どおり、年末に1000円以上の利益が出て良かったです。

 

相場が今のままを維持して、スワップポイントが変動しなければ、来年末には、10000ポイント以上のスワップポイントが貯まる計算になっています。

 

12か月経てば、今の損分を回収することができます。

 

実際には、1か月毎に、南アフリカランドを10000通貨分を買い増しする予定なので、4~5か月ほどで、回収できそうです。

 

現在、SBIFXトレードでは、10000通貨あたり約14ポイントのスワップポイントが付きます。

40000通貨持っているので、14×4=56ポイント/日が追加されていきます。

 

スワップポイントは上出来ですね。

あとは、含み損が出ている分の買い注文をいつ決済するかです。

南アフリカランド運用、今後の予定

このまま、7.6円台をキープしているのであれば、あと10000通貨を買い増しして、2019年頭には、合計50000通貨まで所有出来たらと思っています。

とりあえずは、再び、8.2円台まで浮上してくるのを待ちます。

(売り待ち)

 

50000通貨を所有したとして、1ヶ月のスワップポイントは、14×5×30日=2100ポイント。

これも元手にして、どんどん増やしていきたいですね。

100000通貨あれば、1日140ポイントなので、かなり大きいですね。

 

8.25円に上がってきたところで、8.15円、8.05円で買った20000通貨を売ります。

8.3円台で売れたら最高ですね。


僕のような、資金が少ない人たちは、こまめな決済で、まずは利益を増やしていくことが重要かと思います。

資金が増え、積立FXなども取り入れられたら最高です!

 

しかし、焦りは禁物です。

 

少し価格が暴落したからと行って、恐れてすぐに売りに出してしまうようでは、必ず損をします。

 

下落が続いた時には、焦らず、ロスカットされないように、必要証拠金を強化して、チャンスを待ちましょう!!

 

少しづつでいいんです。

資金が少ないうちは、焦ってもしょうがないです。

チャンスをまって、地道に積み重ねていきましょう。

 

上がったら、売却。

下がったら、ホールド+スワップ積立。

 

僕は、こんな感じで、数年ほど続けてみようと思います。

 

FXなどの投資・取引は余剰資金で行いましょう。

生活費に手を出したら終わりですからね。

失敗したら、焦りも募るばかりです。

 

借金でFXをするなんてことは、もってのほか!

 

自分の身の丈を考えて、地道に淡々と進んでいきましょう。


 

※JPY総資産について

現在、【SBIFXトレード】に合計42000円を入金し、

預託金:55126

総資産:40634

です。

 

南アフリカランドの暴落のため、含み損が発生していますが、回復すれば、元にもどるので、

問題には思っていません。

ただ、資金の加速度が落ちるので、そのあたりはモヤモヤした感情です。

 

累計入金額は42000円なので、総資産は2000円ほどの含み損となっています。

 

下落が長期で続くならば、スワップポイント目的の長期ホールドを続けます。

2019年2月頭には、損益とスワップポイントを合わせて、総資産50000円に乗れるように頑張ります。

相場が回復しないと無理かな?

 

スワップポイント積立投資の特徴

スワップポイントの簡単解説と、資金が少なくても取引しやすい【SBIFXトレード】について、紹介したいと思います。

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FXで得られる利益の一つで、二つの通貨の金利差で収益を得るモデルです。

例えば、AUD(豪ドル)の金利が1.6%、JPY(日本円)の金利が-0.1%だとすると、

その金利差1.7%に基づいた収益を得ることができます。

この収益はスワップポイントと呼ばれ、毎日付与されます。

不労所得を得るための「とっかかり」としては、実感がわきやすいモデルです。

重要なのは、金利の低いJPY(日本円)などで高金利のAUD(豪ドル)やZAR(南アフリカランド)を「買う」ことです。

もし、AUD(豪ドル)やZAR(南アフリカランド)でJPY(日本円)を買ってしまったり、JPY(日本円)で「売り」注文をだしてしまうと、逆にスワップポイントを払う必要が出てくるので注意が必要です。

スワップポイント投資の期間

スワップ投資による資産運用は基本的に、中期~長期の運用になります。

AUD/JPYやZAR/JPYを持ち続けて、毎日スワップポイントを受け取るというスタイルです。

基本的に何もしません。

一度「買い」を注文したら、ひたすら長期ホールドです。

何もやることがないので、副業で始めるには、もってこいの運用方法といえます。

軍資金が無い人は【SBI FXトレード】ではじめましょう!

1単位から取引できる! 初めは小さく実践してみよう!

僕のブログでの実績公開は基本的に「元本が極小」、「貯金が無い」方に向けて、

コツコツと積み重ねた結果を見せていきたいという想いから書いています。

そんな僕が、初めて利用を開始した取引業者は【SBI FXトレード】です。

理由は何か?

「1単位から取引できるから!」

です。

他の取引業者は1000通貨や10000通貨からの取引が基本ですが、

そのためには、5万円や10万円など、高額な入金をしなければなりません。

しかし、【SBI FXトレード】は1単位から取引することができます。

1ドル=100円だとすると、4円の証拠金から運用することができるんです!

元本が少ない方、貯金がない方は資金作りの一環として、【SBI FXトレード】から始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事: FX初心者にオススメ! 【SBI FXトレード】の口座開設方法! 図解で簡単解説!

コメント