ビギナー絵師必見!! イラスト投稿サイトまとめ(2019年最新版)

イラスト・絵
スポンサーリンク

【脂質系ブロガー】の ひできち です。

2017年頃からゆる~くイラストを描いています。

描き始めは、描くことにひたすら集中していましたが、自分のスタイルが固まってくると、人に見てもらいたくなるんですよね!

ということで、イラスト投稿サイトへ登録も始めました。

初めの2~3枚は数人にしか見てもらえなかったのですが、フォロワーさんが増えていくにしたがって、閲覧数も3ケタを超えるようになりました。

 

こうなってくると、モチベーションは上がりまくりです!

 

このイラスト投稿サイト!

絵の上手い下手はおいといて、イラストを伸ばしていきたいという方は、早めに投稿して、自分の絵・イラストをアップしていったほうが良いと思います。

「この程度のイラストをあげるのもなぁ」と、お考えの方の気持ちもわかります。

僕も初めの一歩がそうでした。

 

しかし、ログをとるといったように、気軽な気持ちで初めて見てください。

世界が変わります。

絵・イラストを見てもらう恥ずかしさや不安はあると思いますが、

それ以上に、評価されたり、閲覧数が増えると、モチベーションが上がります!!

 

モチベーションがあがると、技術も効率も上がるもので、描くことがかなり楽しくなってきます。

 

絵をどんどんと描いていきたいという方!

もう投稿サイトに登録しちゃいましょう!!

 

と、いうわけで、

日本国内のイラスト投稿サイトを紹介していきます!!

 

イラスト投稿サイトまとめ

それでは、イラスト投稿サイトの種類と、その特色を開設していきましょう!!

【pixiv】 圧倒的ユーザー数!! イラスト投稿最大手!!

まずは、最大手のpixivから。

→ pixiv

sns-pixiv

 

老舗で圧倒的ユーザー数を誇るpixiv。

イラストを見てもらいたいなら、必ず登録しておきたいサイトですね。

もちろん、僕も登録して投稿しています。

 

ここは、商業で仕事をしているイラストレーターや漫画家さんも多数登録していて、レベルの高いイラストをたっぷりと見ることが出来ます。

勉強になったり、触発されたりと前向きに事を進める方には、もってこいの投稿サイトだと言えるでしょう!

 

周りの方が美味すぎて、自分のイラストをアップすることに億劫になってしまうこともありますが、イラストを描いたらどんどんアップしていきましょう!

そこは、圧倒的ユーザー数をほこるpixiv。

アップすれば、そこそこのユーザーの方の目に留まります。

僕ですら、3ケタ人数に見てもらえるので、いいモチベーションの維持に繋がります。

 

【TINAMI】 個人連携型のイラストサイト

pixivに次ぐ知名度を持つTINAMI

→ TINAMI

sns-tinami

 

pixivは二次作品やパロディ作品の割合多いのですが、TINAMIはオリジナル作品が多い印象!

 

TINAMIのメリットと言えば、「交流・上達支援」といったアドバイスルームが用意されていることでしょう。

自分の疑問点や教わりたい点などを質問として投げかけ、他のユーザーがそれに答えるという形になっています。

クリエイター同士のつながりを生み出す投稿サイトとして注目を集めています。

 

オリジナル作品が多いという性質上、かなりバラエティに富んだイラストが表示されるので、それだけでかなり楽しめますね。

 

【GALLERIA】 ポートフォリオとして使いやすい、、、らしい!!

ポートフォリオ用としてのGALLERIA(ギャレリア)

→ GALLERIA(ギャレリア)

sns-galleria

僕は、登録してはいませんが(複数登録すると、管理が難しいので。。。)、GALLERIAさんも有名どころです。

投稿して、みんなの評価を集めるというよりは、作品保存用のポートフォリオとしての使い方が多いみたいです。

pixivやTINAMIよりも、イラストが一覧で表示されて見やすいみたいなので、ポートフォリオのリンク先として、登録しておくのも良いかもしれません。

 

【DeviantART】

海外で有名なイラスト投稿サイトのDeviantART。

sns-deviantArt

イラスト、動画、音楽など、何でもアリの投稿サイトです。

かなりのユーザー数(噂では3200万人以上。。。)がいて、投稿した作品も、一瞬で流れていってしまう。

 

長所として、日本の投稿サイトとは違った作風のイラストを見れるということ。

異文化に触れることでインスピレーションを爆発させましょう(笑

 

基本的に、英語が主要言語であるが、海外進出や海外の作品に興味のある方は、お試しに使ってみてはいかがでしょうか?

登録も英語なので、調べながら登録しましょう!

 

まずは、大きなサイトに登録して、自分の作品を見てもらおう!!

以上、大きな投稿サイトを紹介しました。

小さな投稿サイトも複数ありますが、活動や投稿が活発ではなかったり、いつの間にかサイト自体が消えてしまったりしています。

多くのユーザーの目に触れ、より多くの作品を世に放つためには、以上の大きなサイトから始めることをオススメします。

活動や投稿が活発だと、こちらのやる気も刺激されますので、メリットだらけだと思います。

 

SNSも投稿や宣伝に活用しよう!!

投稿サイトの多くは、SNSと連動させることができる機能がついているサイトが多いです。

特にその動きが顕著なものは、twitterとinstageamです。

 

文字中心のtwitterでも写真や画像として複数のイラストをアップすることができます。

僕がフォローしている多くのイラストレーターの方々もtwitterを使っている人が多く、絵が流れてくると目立つので、すぐに反応してしまいます。

 

最近ではinstagramの利用も増えています。

写真中心のアプリなので、イラストや絵や差写真を大きくタイムラインに流すことができます。

注意点として、写真の方が色映えしますので、カラフルな写真が複数同時に流れてくると、自分のイラストが目立たなくなってしまうというところでしょうか?

 

なんにせよ、SNSは投稿サイトよりも気軽にイラストなどをアップできるので、是非使ってみてください!

結構便利です。

SNS経由で、pixivのページを訪れてくれる場合おあるので。

 

最後に。  多くの人の目に積極的に触れさせよう!

イラストレーターとして有名になる第一歩は、いかに多くの人に自分の作品を見てもらえるかです。

 

近年では、投稿サイトやSNSアプリなど、「自分を発信できる」機会が数多くあります。

イラストを描きたい!

絵を仕事にしたい!

夢を追いたい!!

という方は、積極的に発表していきましょう!

 

ちなみに、僕もイラストレーターとして活動していきたいので、積極的に発信中です。

 

みなさんもライバルとして、一緒に競いましょう!!

 

コメント